今すぐできる家庭の防災対策について

災害時に備えて今から始めておきたい防災対策とは

災害が起きる前にやっておきたいこととは

その昔、島々が形成された過程というのは地球上に十数個あると言われているプレートが長い時間をかけて互いを押し合い、そこで生じた歪みによって地盤が隆起したことが原因になっているという考え方が有力だと考えられています。
特に日本列島の近くには4つものプレートが入り組んでいて緊張状態にあるため、国内の至るところで今も大小様々な規模の地震が発生しているのです。

自然災害と言えば地震の他にも集中豪雨による水害や火山の噴火による火砕流や火山灰、噴石による被害が考えられるでしょう。
日本は良質な温泉が出ることで有名な土地ですが、その代償として火山活動による危険性も受け入れなければならないということになります。
災害が想定通りに起こるとは到底考えられませんが、それでも各々が自分に必要な対策を練って災害に備えておけば状況はだいぶ変わってくるでしょう。
有事の際には誰もが慌ててしまうものですが、日頃から災害に対する対策ができていれば少しは落ち着いて行動することができるかもしれません。

これまでの様々な災害時における日本人の対応というのが世界の注目を集めているといいます。
過去における災害時の状況を振り返ってみると、日本人は世界中の人が称賛するような誇るべき対応ができていたというのです。
これは日本人が日頃から災害に備えて対策を講じていたり、まじめに避難訓練を行ったりしてきた勤勉な民族であることの証なのではないかと思われます。

昔から災害が多く発生していた日本には、たくさんの犠牲者をうむような大災害に見舞われた場合でも力を合わせて幾度となく立ち上がってきたという誇るべき歴史があるのです。

TOPへ