今すぐできる家庭の防災対策について

災害時に備えて今から始めておきたい防災対策とは

日本人だからできた災害時の対応とは

倒れることを前提に家具の配置を考えよう

過去の震災の例から見ても家具類は必ずと言ってもいいほど転倒してしまいます。
倒れるものだという仮定のもとで、倒れた場合の向きや起こりうる損害を想定しながら家具の配置を決めていってはいかがでしょうか。
できるだけ安全な配置であったとしてもそれだけで十分な対策が取れているとは言い切れませんので、家具が倒れてくることがないようにしっかりと固定しておくようにしましょう。

しかも災害が起きるのは昼間だけとは限りませんので、就寝中の身の安全も確保しておきたいものです。
特別なプライベート空間だからと色々なものを置きたくなるかもしれませんが、寝室に置く家具は最低限に止めておき万が一倒れたとしても自分や逃げ口には害が及ばないように設置しておくように心がけてください。

速やかに避難するための工夫も忘れずに

大雨や強風、地震や火災などによって窓ガラスが割れてしまうことも考えられます。
そうすると部屋の中に割れたガラス片が散乱してしまい、避難する際に足を切ってしまうかもしれません。
そのための対策としては、普段からベッドサイドにスリッパや靴などの履きものを置いておいておくようにしたり、窓ガラスに飛散防止フィルムを貼っておくことなどが挙げられます。

このように不意に災害に見舞われたときでも安全に素早く避難するためには、普段から防災意識を持って用意しておくことが大切なのです。
地震の揺れが原因で家が歪んでしまうと出入り口が開けられないかもしれません、揺れを感じたらまず逃げ道を確保しておくようにしましょう。

また、いざという時でも困らないように消火器が置いてある場所や使い方について知っておくことも大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る