今すぐできる家庭の防災対策について

災害時に備えて今から始めておきたい防災対策とは

事前に用意しておくと便利なもの

まず必要になるものを用意しておこう

有事の際に急いで必要最低限のものだけでも持ちだすことができるように、非常持ち出し袋を身近な場所に用意しておくというやり方は以前から実行されている防災対策のひとつだと思います。

自治体や企業のホームページではその代表的な品々が紹介されていますが、記載されている通りにそのすべてを用意しようと思ったら相当な量の荷物になってしまいます。
それらを参考にしながら家族構成などを考慮しつつ内容を吟味していけばいいのではないでしょうか。

備蓄といえばまず食料品のことが浮かんでくるかもしれませんが、必要なのはそれだけではありません。
煮炊きするためのカセットコンロやガスボンベもあった方がいいでしょうし、トイレを流すための水は湯舟の水を常に溜めておくという方法で対処できそうです。

今どきの備蓄の方法とは?

災害時に備えたかつての食料品というのは、長期保存が可能で間違っても美味しいとは言えないような非常食が主流でした。
問題はそのような非常食を買いそろえて安心していたとしても、何事もないままに長かったはずの消費期限はアッという間に経過してしまうということです。

何事もなかったことは喜ばしいことですが、古くなってしまった食べ物はもう用をなしません。
そこで最近人気を集めるようになった備蓄法というのが「ローリングストック法」というものだそうです。
これは特別な非常食を用意するというものではなくて、普段から食べられるような消費期限が長めのレトルト食品や缶詰、スープ類やお菓子などを多めに購入しておいて消費期限が切れる前に食べ、食べたらまた補充しておくというのを繰り返していく方法だといいます。
知っている味のものを食べられるという安心感は避難中のストレスを減らすことも役立つと言われています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る