今すぐできる家庭の防災対策について

災害時に備えて今から始めておきたい防災対策とは

いざというに慌てないように事前に決めておこう!

安否確認をするための方法

もし家族が一緒でないときに災害が起きてしまったとしたら、相手の安否を確認したり自分の状況を知らせたりしたいはずです。

大きな災害が起こった場合、通信規制を受けた電話回線はパンク状態となり一般の利用者が通話をすることはほとんどできないでしょう。
ところがインターネットを利用しているSNSであれば、災害時であったとしてもほぼ支障なく連絡を取り合うことが可能であるといいます。
ただこの場合に問題となってくるのは、停電が起きてしまうとスマートフォンの充電ができなくなってしまうということです。
残されたバッテリーを有効活用して的確に連絡を取ることが重要です。

そのためにも前以て連絡を取り合う方法を家族で話し合っておいた方がいいでしょう。

最終的な避難場所を確認しておこう!

思いもよらないタイミングで突然災害が起きると、一旦は職場や学校の周りにある安全な場所へと非難することになると思いますが、最終的に目指したいのは自宅のある場所の自治体が開設した避難所だという人は多いと思います。

災害伝言ダイヤルや災害用伝言版、各種SNSを利用して家族間で連絡を取り合うことができていれば別々の場所にいたとしても少しは安心することができますが、連絡を取る手段を奪われてしまった場合でも目指すべき場所が決めてあるかどうかはとても重要なこととなってくるのです。

いつかではなく今のうちから家族の集合場所について話し合っておき、ハザードマップを利用しながらそこまでの経路や途中で考えられる危険性について再確認しておくようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る